徹底解剖!宮前ふとん太鼓 ァ  房編 〜

 

太鼓台に付けられた大4個、中8個、小20個の房(ふさ)。

この房をいかに美しく、大きく揺らせるかがふとん太鼓運行の大きなポイントとなる。

華麗に、そして時には荒々しく。だ。



担ぎ手の息がピタリと合えば房は美しい曲線を描きながら左右に揺れる。そして、



担ぎ手の気持ちが高ぶると房は高く宙に舞い、白の房の中から赤の房が現れる。

言わば担ぎ手達の状態を表してくれるバロメーターみたいな物です。

これがナカナカおもしろい。

疲れているはずなのに終盤の方が息が合って美しく揺れてたりするんです。

みなさん、今年は房に少し気を付けて見てみてください。




コメント
コメントする ↓